低価格で利用する

観光バス

以前は格安航空券と言うと、通常の航空会社から、旅行会社が団体旅行の規定を利用して仕入れたものをばら売りするものを指す場合が多かったものです。 現在でも、こういった格安航空券は販売されています。 しかし最近では、通常の航空会社が事前の予約を条件などにして顧客に直接割引した価格で売るものもありますし、LCCの航空券も広い意味では格安航空券に含まれることが多くなってきました。 また、団体旅行の体裁を取るために、往復のフライトに、初日の一泊だけホテルを付けて販売している商品も国内では良く見られます。こうしたツアーの体裁を取る格安航空券は、到着が夜になる場合などには便利ですし、直前でも比較的割安な価格で購入出来るというメリットがあります。

国内旅行や帰省の場合に、格安航空券と共に利用者が増えているのが高速バスや夜行バス、新幹線などです。 特に、高速バスなどは、シートの種類も豊富になってきていて、場合によっては飛行機よりも快適に感じる人もいる位です。 価格面でも、バスは格安航空券に迫るものがあります。また、空港が遠い場合などには、価格は少々高くなっても新幹線を利用する人もいます。 新幹線などの鉄道の強みは、本数が多い路線であれば特に前もって予約をしなくても、繁忙期を除けば席を確保出来る場合が多いという点です。 格安航空券の中でも、競争が増していますし、それぞれ特徴がありますので、目的地や前後のスケジュールなども配慮して、その時々でベストなものを選ぶ人が増えています。